Sør Rondane Mountains of kyokusyoku

Sør Rondane Mountains

第49・50・51次南極観測隊セール・ロンダーネ山地地学調査隊(2007〜2010)

日本の南極観測史上初めて、隊員と物資を飛行機で輸送、基地に滞在せずテントで暮らし、雪上車もなく移動はスノーモービルという調査隊が昭和基地西方のセール・ロンダーネ山地に派遣された。調査隊は迎えの飛行機が来るまで孤立無援、何が起ころうとも自分たちだけで生き抜かなければならない。南極の夏が始まる11月中旬に日本を旅立ち、6日後には南アフリカのケープタウンを経由して南極大陸に降り立つ。夏が終わる2月中旬まで約3ヶ月間テントで暮らしながら地質調査を行う。調査隊の目的は、現在の地球の始原となったゴンドワナ超大陸の誕生と分裂の過程の謎を解き明かし、地球46億年の歴史を明らかにすること。第51次隊では635個の隕石を採集した。

▼調査隊は、日本やイギリス、ロシアなど南極観測を行っている11ヶ国が共同運行する航空ネットワークを使い、南アフリカのケープタウンから南極大陸のノボラザレフスカヤ基地(ロシア)へ飛び、小型機に乗り換えてセール・ロンダーネ山地に向かう。第51次隊では、砕氷艦「しらせ」で帰国した。

Post Card
post-card-1.jpg▲ Post Card「剥き出しの地球 南極大陸-Ⅰ」

/
3年連続で、飛行機で往復しスノーモービルで6200kmを旅したなんきょく。氷河はまるで氷の海のようでした。四国ほどの広がりを持つセール・ロンダーネ山地は、氷の海に浮かぶ島々です。スノーモービルはさしずめ、風や波に翻弄される手漕ぎ舟のようなものとしか思えませんでした。(Post Card 阿部幹雄「剥き出しの地球 南極大陸Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ」より)
●阿部幹雄 剥き出しの地球 南極大陸-Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ・・・・・各8枚セット 定価(本体500円+税)

商品のお問い合わせ/極食office :info@kyokusyoku.co.jp

post-card-2.jpg▲ Post Card「剥き出しの地球 南極大陸-Ⅱ」
post-card-3.jpg▲ Post Card「剥き出しの地球 南極大陸-Ⅲ」

行程イラスト.jpg